文庫本をサブスクで読み放題できるおすすめのサイト4選【第1位はブックウォーカー】

漫画を読み放題する

文庫本をサブクスで読み放題できるサブスクサイトを知りたい。文庫本が最も充実しているサブスクサイトを知りたい。というニーズにお応えします。

最初に結論を言うと、文庫本を読み放題できるおすすめのサブスクサイトは下記のとおりです。

①BOOK⭐︎WALKER(ブックウォーカー)
②kindle unlimited
③コミックシーモア
④auブックパス

文庫本の読み放題サブスクで最もおすすめのサイトは「BOOK⭐︎WALKER(ブックウォーカー)」です。

 

漫画読み放題なら「BOOK⭐︎WALKER」

●漫画・雑誌読み放題サービスが充実
●文庫・ラノベ読み放題サービスも充実
●読み放題は月額千円以下でコスパ高い
●漫画読み放題は初回1ヶ月無料でタダ読み
●ラノベ・異世界ジャンルの品揃えNo.1
●無料試し読み(漫画・ラノベ)が充実
●初回購入時に半額クーポン付与(上限なし)
●KADOKAWA系列好きは当サイト1択

↓今なら漫画・雑誌読み放題が1ヶ月無料↓

文庫本とは(意外と知らない文庫本について)

文庫本とは、同じ出版社から続けて刊行される同一の型の叢書です。

◾️叢書
同じ種類、分野の事柄を、一定の形式に従って編集した一連の書物、シリーズのこと。

わかったようなわからないような感じです。

よく分からないと言われるのは、「単行本」「文庫本」「新書」の違いです。

本屋さんではそれぞれコーナーが分かれていますが、主な違いは判・大きさです。

それぞれの特徴は下記のとおりです。

◾️単行本
サイズ:B6判、四六判(128×182㎜、128×188㎜)
ジャンル:漫画、小説、エッセイ、ビジネス本等
◾️文庫本
サイズ:A6判(105×148㎜)
ジャンル:小説、古典、詩集等
◾️新書
サイズ:新書判(103×182㎜)
ジャンル:ノンフィクション、専門書、実用書等

また、小説と文庫本の違いがわからないという方も多いですが、そもそも形式が違い、文庫本ではない(単行本や新書)小説もありますし、小説ではない(漫画やエッセイ)文庫本もあります。

 

文庫本をサブスクで読み放題できるサブスクサイトの比較表

文庫本をサブスクで読み放題できるサブスクサイトの比較表は下記のとおりです。

ブックウォーカー Kindle Unlimited コミックシーモア auブックパス
公式サイト
ジャンル 漫画(少年、少女、青年、女性、同人誌等)
その他:漫画雑誌、小説、ラノベ
※文庫本取り扱いあり
漫画(少年、少女、青年、女性、同人誌等)
雑誌、小説、ビジネス書等
※文庫本取り扱いあり
漫画(少年、少女、青年、女性、同人誌等)
ラノベ、小説、雑誌、写真集
※文庫本取り扱いあり
漫画(少年、少女、青年、女性、BL、 TL等)
ラノベ、小説、雑誌、写真集等
※文庫本取り扱いあり
料金システム 月額:漫画読み放題836円
文庫・ラノベ読み放題836円
購入:都度払い
月額:980円読み放題サービスのみ
※Amazon会員であることが条件
月額:読み放題ライト780円
読み放題フル1480円
購入:都度払い
月額:読み放題プラン総合618円(税込)
読み放題プランマガジン418円(税込)
購入:都度払い
作品数 83万冊以上 200万冊以上 85万冊以上
読む放題フル:10万冊以上
読み放題ライト:3.5万冊以上
85万冊以上
無料お試し期間 1ヶ月無料お試し期間あり 1ヶ月無料お試し期間あり 7日間無料お試し期間あり 1ヶ月無料お試し期間あり
運営会社 KADOKAWA Amazon(アマゾン) NTTソルマーレ株式会社 KDDI株式会社

各サイトの概要やおすすめポイント等の詳細は後述しておりますのでご確認ください。

 

文庫本をサブスクで読み放題できるサブスクサイトの選び方

文庫本といえば、紙の本を想像しがちですが、電子書籍サイトで文庫本を読み放題することができます。

電子書籍サブスクサイトは、月額料金で漫画を読み放題できるサイトや、ポイントを利用して読めるサイト、対象作品を無料で読めるサイトなどがあります。

サブスクサイトを10社以上利用した私は、自分に合わないサイトに登録してしまい何度も失敗を重ねました。

その経験を踏まえ、文庫本を読み放題する際のサイト選びの視点を洗い出しましたのでご参照ください。

【サイト選びの視点】
・読み放題サービスの有無
・文庫本が充実しているか
・月額料金システム
・無料お試しキャンペーン
・付帯サービス
・違法サイトではないか
特に、文庫本の読み放題取り扱いがあるか、自分の好きな文庫本が読み放題対象に含まれているか、月額料金はいくらか等を確認しましょう。
今回ご紹介するサイトは無料お試しキャンペーンを実施しているので、何日間無料読み放題できるかも確認しましょう。
上記のポイントを頭の中に入れておくことでサイト確認時に見るべきポイントが明確になります。

 

文庫本をサブスクで読み放題できるサブスクサイト4選(おすすめ順)

本項では、文庫本を読み放題できるサブスクサイトをおすすめ順に4サイトご紹介いたします。

各サイトの概要や、読み放題の料金形態等も解説しますので、参考にしてください。

BOOK☆WALKER(ブックウォーカー)

出典:ブックウォーカー

ジャンル 漫画(少年、少女、青年、女性等)、漫画雑誌
文庫、ラノベ
作品数 83万冊以上

読み放題作品数↓
漫画単行本20,000冊以上
ライトノベル9,900冊以上
文庫本3,400冊以上

料金システム 月額:漫画読み放題836円(漫画単行本は20,000冊以上、漫画
雑誌も70誌読み放題)
文庫・ラノベ読み放題836円(ラノベ・小説10,000冊以
上読み放題)
購入:都度払い
無料お試し期間 1ヶ月間無料お試しキャンペーン実施中
運営会社 KADOKAWA

文庫本の読み放題で最もおすすめなのはブックウォーカーです。

「文庫・ラノベ読み放題」という文庫本専門の読み放題サービスを提供しているのは当サイトのみです。

読み放題できる文庫本の質と量が圧倒的です。

ブックウォーカーは大手出版社KADOKAWAが直営する総合電子書籍サイトで、角川文庫をはじめ、富士見ファンタジア文庫、電撃文庫、MF文庫Jなどの大手レーベルが参加しています。

「文庫・ラノベ読み放題」は月額836円でラノベ・小説10,000冊以上が読み放題で本を2冊程度読めば元が取れる計算です。

また当サイトでは、「初回購入半額還元」などのキャンペーンを複数実施しており、ポイント付与キャンペーン、割引キャンペーン等により文庫本をお得に購入することができます。

今なら1ヶ月間無料お試しキャンペーンを実施中ですので、気軽にお試しできます。

ブックウォーカーの口コミ・評判はコチラ

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)

出典:Kindle Unlimited

ジャンル 漫画(少年、少女、青年、女性、4コマ等)
雑誌(週刊誌、ビジネス、ファッション、趣味、暮らし、グルメ、旅行、コミック等)
ビジネス書、小説等
料金システム 月額:980円読み放題サービスのみ
※Amazon会員であることが条件
作品数 200万冊以上
無料お試し期間 1ヶ月無料お試し期間実施中
運営会社 Amazon(アマゾン)

Kindle Unlimitedは文庫本の読み放題が豊富であるほか、読み放題対象200万冊というボリュームからおすすめ上位とさせていただきました。

読み放題できる文庫本では「グラスホッパー」や「運転者 未来を変える過去からの使者」「アマテラスの暗号」などの人気文庫が対象です。

当サイトの強みは、文庫本のみならず、文庫本以外の漫画や雑誌、ビジネス書など幅広く取り揃えているので、本好きにはおすすめのサイトです。

現在、1ヶ月間無料で読み放題サービスをお試しできますので、是非この機会にお試し利用をしましょう。

Kindle Unlimitedの口コミ・評判はコチラ

コミックシーモア

出典:コミックシーモア

ジャンル 漫画(少年、少女、青年、女性、BL、 TL等)
その他:ラノベ、小説、雑誌、写真集、
料金システム 月額:読み放題ライト780円、読み放題フル1480円
購入:都度払い
作品数 85万冊以上
無料お試し期間 読み放題が7日間無料
運営会社 NTTソルマーレ株式会社
コミックシーモアの「シーモア読み放題」で文庫本を読み放題することができます。

文庫本の読み放題作品数は未掲載ですが、小説の読み放題対象は3800冊以上と豊富です。

コミックシーモアの強みは何といっても漫画ですので、文庫本を楽しみながら、他の漫画も読み放題したい方はおすすめです。

漫画の読み放題は業界トップクラスです。

更に、読み放題は7日間無料お試し期間があるので、読み放題の素晴らしさを体感することができます。

コミックシーモアの口コミ・評判はコチラ

auブックパス

出典:auブックパス

ジャンル 漫画(少年、少女、青年、女性、BL、 TL等)
その他:小説、雑誌、写真集等
料金システム 月額:読み放題プラン総合コース618円(税込)
読み放題プランマガジンコース418円(税込)
購入:都度払い
作品数 85万冊以上
無料お試し期間 30日間無料お試しキャンペーン実施中
運営会社 KDDI株式会社

auブックパスはKDDI株式会社が運営する電子書籍サービスです。

作品数は85万冊と豊富で、小説などの文庫本も取り揃えています。

読み放題コースは、オールジャンル読み放題となる「総合コース(月額618円)」と、雑誌限定の「マガジンコース(月額418円)」があります。

読み放題プラン総合コースに文庫本も含まれますが、月額618円で漫画や文庫本等を読み放題できるのはコスパが高いです。

ただし、文庫本の取り扱いは他のサイトに比べると質・量ともに劣る印象ですのでご注意ください。

読み放題プランは初回30日間無料キャンペーンを実施しているので、まずは無料お試ししましょう。

auブックパスの口コミ・評判はコチラ

まとめ

本記事を振り返ります。

◾️文庫本とは
◾️文庫本をサブスクで読み放題できる漫画サブスクサイトの比較表
◾️文庫本をサブスクで読み放題できる漫画サブスクサイトの選び方
◾️文庫本をサブスクで読み放題できる漫画サブスクサイト4選
①BOOK⭐︎WALKER(ブックウォーカー)
②kindle unlimited
③コミックシーモア
④auブックパス

本記事では文庫本の概要を解説するとともに、文庫本をサブスクで読み放題できるサブスクサイトの選び方や、おすすめサイト4選をご紹介しました。

最もおすすめは「ブックウォーカー」です。

大手レーベルが集結したKADOKAWAが運営するブックウォーカーは、文庫本専門の読み放題サービスを提供しており、質と量ともに業界トップです。

 

また、他の漫画サブスクサイトが気になる方は、おすすめのサイト10社をランキング付けした記事「おすすめの漫画サブスクサイト10社を徹底比較👆」をご参照ください。

本記事がお役立ちできましたら幸いです╰(*´︶`*)╯

コメント

タイトルとURLをコピーしました