漫画レンタルサービスおすすめサイト4選【電子書籍2選/宅配2選】

漫画をレンタルする

自宅で手軽に安くレンタルできるサービスを知りたい。宅配レンタルと電子書籍レンタルサービスについて詳しく知りたい。という悩みを解決します。

ネットが発展した現代では、漫画をレンタルする方法も『店舗レンタル』『宅配レンタル』『電子書籍レンタル』など様々あります。

本記事では、自宅で漫画をレンタルできる『宅配レンタル』と『電子書籍レンタル』について概要やメリット・デメリットを解説します。

また、ご自身に合ったサービスを見極めたうえで、それぞれのサービスのおすすめサイトをご紹介しますので、最終的にどこで漫画をレンタルするべきか参考にしてください。

漫画をレンタルする方法【店舗、宅配、電子書籍】

漫画のレンタルサービスとは、漫画を一定程度の期間借りられるサービスです。

単行本を購入(400〜500円)するよりもレンタル(50〜100円)の方が安く読むことができます。

漫画をレンタルする方法はネットの進化により「店舗レンタル」「宅配レンタル」「電子書籍レンタル」など様々な方法で借りれるようになりました。

本項では、3つのレンタル方法について、概要を解説いたします。

すでにどの方法でレンタルするか決まっているという方は、「おすすめサイト」の項にお進みください。

店舗レンタル

店舗レンタルとは、「TSUTAYA」や「ゲオ」などの店舗で紙の漫画本をレンタルする方法です。

漫画レンタルといえば店舗レンタルをイメージする方が多く、最もポピュラーな方法です。

店舗レンタル料金は1冊50円〜100円程度で、レンタル期間は2泊3日や1週間など作品によりけりです。

店舗レンタルのメリットは、宅配レンタルや電子書籍レンタルの価格帯よりも安いところです。

また、店舗で立ち読みすることもできますので、漫画の中身を確認しながらレンタルする本を選ぶことができます。

一方、店舗レンタルのデメリットは、レンタルするために計2往復は店舗に出向かないといけないところです。

自宅の近場に店舗がないという方は、2往復するとなると手間です。返却するとき、折角店舗まで来たのだからとついつい次の漫画を借りてしまいます。

仕事で疲れて返却し忘れると延滞料金が発生するというリスクもあります。

 

宅配レンタル

漫画宅配レンタルとは、漫画本を自宅にいながら宅配によりレンタル(配達受取→読書→返却)できるサービスです。

宅配レンタルサービスは「DMM」や「TSUTAYA」「ゲオ」などが展開しています。

返却するときは郵便局等から送るものと思っていましたが、返却すらも自宅に集荷しにきてくれるので、一切家から出ることなくレンタルできます。

レンタル料金は1冊90〜150円程度でレンタルでき、レンタル期間は20〜30日程度と比較的長いので、ゆっくりと漫画をレンタルすることができます。

電子書籍レンタルとは違い、延滞料金や送料が発生すること、10冊以上しかレンタルできないなどの条件があります。

漫画宅配レンタルの主な流れは下記のとおりです。

◾️漫画宅配レンタルサービスの流れ
①ネットで読みたい漫画を予約
②数日後に自宅にダンボールで漫画が届く
③読書(レンタル期間は比較的長く20日程度)
④自宅から返却(電話一本で集荷対応可、郵便局郵送も可)

 

電子書籍レンタル

電子書籍レンタルサービスとは、漫画などの電子書籍をスマホやパソコン等のWEB上でレンタルして読むことができるサービスです。

WEB上で「借りる」・「読む」・「返却」という流れを完結できるので、自宅から一歩も出ずに漫画をレンタルすることができます。

宅配レンタルのようにダンボールで届くまで待つタイムラグも発生しません。

店舗に行く必要がないので365日24時間いつでも漫画をレンタルすることができます。

レンタル料金は1冊100円〜300円程度、レンタル期間は2〜3日間程度と、宅配レンタルと比べるとやや短い期間となっています。

 

次項からは、「宅配レンタル」と「電子書籍レンタル」に絞り、メリット・デメリットやそれぞれのサービスのおすすめサイトをご紹介いたします。

宅配レンタルのメリット・デメリット

宅配レンタルのメリット

宅配レンタルの主なメリットは下記のとおりです。

◾️安く漫画を読める
◾️長期間借りれるので自宅でゆっくり漫画を読める
◾️配達や返却手続きが簡単
紙の漫画本を購入するよりも安く読むことができます。
レンタル料金は、1冊あたり90〜150円程度ですので、読みたい漫画を紙の漫画本の価格帯1冊400〜500円の1/4程度の価格で読むことができます。
電子書籍のレンタル料金100〜300円よりも安く、人気漫画だけ価格が上がるということもないので、安く漫画を読みたい方はオススメです。
レンタル期間は2〜3週間と長く設定されており、店舗レンタルは1週間程度、電子書籍は2〜3日間程度ですので、最も長くレンタルできます。

また、配達&返却が自宅で完結します。自宅にダンボールが届いたときには、すでに返却用の手順書や伝票が入っており、簡単に返却できます。

 

宅配レンタルのデメリット

宅配レンタルの主なデメリットは下記のとおりです。

◾️店舗レンタルや漫画サブスクと比べるとやや高い
◾️読みたい漫画がないときがある
◾️返却を忘れると延滞料金が発生する

宅配レンタルは漫画本を購入するよりは安いですが、店舗レンタルサービスや漫画サブスクサービスと比べるとやや高い価格帯となっています。漫画サブスクの読み放題は、500〜2000円程度で対象漫画が読み放題となりますので、より多くの漫画を読みたいという方はお得感が高いです。

大きなデメリットとしては、読みたいときに読みたい漫画がレンタルできないときがあることです。

店舗レンタルでも同じですが、宅配レンタルでも読みたい漫画がすでに借りられてて読めないケースが多々あります。

長期間(2〜3週間)レンタルできることが原因となり、なかなか返却されないと思われます。

また、長期間レンタルできるがゆえに、返却することを忘れるというリスクがあります。

1週間程度のレンタルでもたまに忘れるのが漫画返却。レンタル期間が3週間ともなれば1ヶ月ほど放置してしまうこともあります。

 

電子書籍レンタルのメリット・デメリット

電子書籍レンタルのメリット

電子書籍レンタルの主なメリットは下記のとおりです。

◾️安く漫画を読める
◾️店舗への往復不要、自宅で漫画をレンタルできる
◾️レンタル差額購入できる

宅配レンタルと同様に、紙の漫画本を購入するよりも安く読むことができます。

レンタル料金は1冊あたり100〜300円ですので、紙の漫画本1冊400円〜500円よりも安く読むことができます。

大きなメリットとしては、自宅に居ながらにしてスマホやパソコンで手続きが完結し、漫画本をレンタルして読むことができます。

店舗レンタルではどうしても借りに行く時と返却の時に2往復しなくてはいけませんが、一歩も外に出る必要はありません。

電子書籍レンタルサービスでは、レンタル差額購入というシステムがあります。

レンタルして良かった漫画を、レンタル期間内であれば通常価格からレンタル価格を差し引いた価格で購入できるシステムです。

レンタルで試しているので、確実に好きな漫画を通常価格で購入できるのは大きなメリットです。

 

電子書籍レンタルのデメリット

電子書籍レンタルの主なデメリットは下記のとおりです。

◾️店舗や宅配レンタルと比べるとやや高い
◾️レンタルできない漫画が多い
◾️レンタル期間が短い

漫画本を購入するよりは安いですが、店舗レンタルや宅配レンタル(漫画本を自宅に届けるサービス)と比べるとやや高い価格帯です。

電子書籍レンタルより宅配レンタルの方が手間が発生し、宅配レンタルより店舗レンタルの方が手間が発生するので価格帯が安くなるのは当然です。

レンタル料金のみで言うと、「店舗レンタル」や「宅配レンタル」の方がお得といえます。

また、意外と人気漫画や話題の漫画がレンタル対象ではないことがありますので電子書籍レンタルの大きな弱点と言えます。

電子書籍レンタルサイトに漫画はあるけどレンタルできないのです。

どうしても今すぐスマホで読みたいという方は、漫画サブスクサイトの方がポイント還元率が高く安く購入できます。

電子書籍レンタルは、レンタル期間が2〜3日間と、店舗レンタルの1週間程度、宅配レンタルの3週間程度と比較すると短いです。

読み進めたときに再度読み返したいという方は、読みたいときにすでにレンタル期間を過ぎているというリスクが発生します。

 

宅配レンタルおすすめサイト2選【特におすすめはDMM】

DMMレンタルとTSUTAYAレンタルの比較

「DMM」と「TSUTAYA」はともに知名度は高く、漫画宅配レンタルサービスの主要大手です。

漫画レンタルで重要となる「ジャンル」「料金」「作品数」「レンタル期間」「運営会社」という切り口で両サイトを比較しました。

全体のサービス概要を比較すると下記表のとおりとなります。あくまでも個人的な見解ですので参考までにご確認ください。

DMMコミックレンタル TSUTAYAコミックレンタル
ジャンル 漫画(少年、少女、青年、女性等) 漫画(少年、少女、青年、女性等)
料金システム 宅配レンタル(1冊95円)
※10冊以上でレンタル可能
※送料は全国一律840円
※延滞料金は1日につき25円/冊
宅配レンタル(1冊90〜150円)
※送料は冊数に応じて変動
※レンタル冊数は最大60冊まで
※延滞料金は1日につき50円/冊
作品数 18,000作品以上 430,000冊以上
レンタル期間 20泊21日 20泊21日
運営会社 合同会社DMM.com カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
漫画宅配レンタルで安さ重視の方は「DMM」が最もオススメです。
両サイトのおすすめの方は下記のとおりです。
◾️DMMコミックレンタルがおすすめの人
・安く漫画をレンタルしたい
・その時々に応じて漫画本の冊数が変わる
・送料を気にせず漫画をレンタルしたい
◾️TSUTAYAコミックレンタルがおすすめの人
・幅広い漫画作品を読みたい
・毎回大量に漫画を借りたい

 

DMMコミックレンタルの概要

出典:DMMコミックレンタル

ジャンル 漫画(少年、少女、青年、女性等)
料金システム 宅配レンタル(1冊95円)
※10冊以上でレンタル可能
※レンタル期間は20泊21日
※送料は全国一律840円
※延滞料金は1日につき25円/冊
作品数 18,000作品以上
無料お試し期間 なし
運営会社 合同会社DMM.com

DMMコミックレンタルは、合同会社DMM.comが運営している宅配のコミックレンタルサービスです。

レンタル料金は1冊あたり95円と、単行本を購入するよりも安く読むことができるのも特徴的です。

TSUTAYAコミックレンタルの価格帯90〜150円と比較しても、概ねの漫画が同水準か安くレンタルできます。

レンタル期間は最大20泊21日(貸出冊数が30冊未満の場合は14泊15日)借りることができます。

人気漫画の取り揃えは豊富ですが、全体の作品数ではTSUTAYAコミックレンタルにやや劣るので、DMMに読みたい漫画がなければTSUTAYAコミックレンタルを探すと見つかるかもしれません。

 

 

 

TSUTAYAコミックレンタルの概要

出典:TSUTAYAコミックレンタル

ジャンル 漫画(少年、少女、青年、女性等)
料金システム 宅配レンタル(1冊90〜150円)
※レンタル期間は20泊21日
※送料は冊数に応じて変動
※レンタル冊数は最大60冊まで
※延滞料金は1日につき50円/冊
作品数 430,000冊以上
無料お試し期間 なし
運営会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社

TSUTAYAコミックレンタルは、全国区の本屋「TSUTAYA」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が運営しているサービスです。

レンタル料金は、1冊あたり90〜150円と、DMMコミックレンタルの価格帯95円には劣ります。

レンタル期間は、DMMと同様に最大20泊21日(貸出冊数が30冊未満の場合は14泊15日)借りることができます。

品揃え日本一を自負する「TSUTAYA」系列ですので、全体の作品数やジャンルではDMMコミックレンタルよりも豊富に取り揃えています。

 

電子書籍レンタルおすすめサイト2選【特におすすめはRenta!】

Renta!(レンタ)とシーモアレンタルの比較

「Renta!レンタ」はもともとレンタルに特化したサイトで、漫画を中心に電子書籍レンタルを展開しています。

「コミックシーモア」は漫画の読み放題サービスや購入・レンタル等、幅広くサービスを展開しています。

「レンタ」と「レンタルシーモア」の全体のサービス概要を比較すると下記表のとおりとなります。

レンタ レンタルシーモア
ジャンル 漫画(少年、少女、青年、女性、BL・TL等)
雑誌、ライトノベル、小説、ビジネス書等
漫画(少年、少女、青年、女性、BL・TL、コミック誌等)
料金システム レンタルまたは購入(1冊110円〜)
※会員登録無料&月額料金不要
※全作品無料サンプルつき
レンタルまたは購入(1冊110円〜)
※会員登録無料&月額料金不要
作品数 19万冊以上(うち漫画は12万冊程度) 11万冊以上(全て漫画)
レンタル期間 48時間 72時間
運営会社 株式会社パピレス NTTソルマーレ株式会社
レンタル期間は「レンタルシーモア」が長いですが、作品数の取り揃えやジャンルの豊富さはレンタに軍杯があがります。
レンタル料金自体は同等ですが、レンタは全作品に無料サンプル付きという付加価値があるので、レンタ優勢としています。
両サイトのおすすめの方は下記のとおりです。
◾️Renta!(レンタ)がおすすめな人
・漫画以外のジャンルも読みたい
・作品数の多いサイトが良い
・レンタルする前に試し読みしたい
◾️シーモアレンタルがおすすめな人
・少しでも長くレンタルしたい
・BL、TLをたっぷり読みたい女性

 

Renta!(レンタ)の概要

出典:Renta!

ジャンル 漫画(少年、少女、青年、女性、BL・TL等)
雑誌、ライトノベル、小説、ビジネス書等
料金システム レンタルまたは購入(1冊110円〜)
※会員登録無料&月額料金不要
※レンタルは48時間
※全作品無料サンプルつき
作品数 19万冊以上(うち漫画は12万冊程度)
無料お試し期間 なし
運営会社 株式会社パピレス

Renta!(レンタ)は、日本で初めて電子書籍のレンタルサービスを始めたサイトで、日本で最も有名な電子書籍レンタルサイトです。

レンタルサービスが中心で、48時間レンタルできること、1冊110円からレンタルできること、全作品無料サンプルがあることが特徴です。

電子書籍レンタルの老舗なので、漫画作品数やジャンルの取り揃えが豊富であることが大きな強みです。

また、ボーナスポイント還元システムがあり、利用したポイントに応じてポイントが付与されます。最大10,000ポイント利用でボーナスポイント500P(還元率5%)となります。

正直なところ、漫画サブスクサイトのポイント還元率は30%〜50%程度ですので、還元率としてはそこまで高くはないのかなという印象です。

シーモアレンタルの概要

出典:シーモアレンタル

ジャンル 漫画(少年、少女、青年、女性、BL・TL、コミック誌等)
料金システム レンタルまたは購入(1冊110円〜)
※会員登録無料&月額料金不要
作品数 11万冊以上(全て漫画)
無料お試し期間 72時間
運営会社 NTTソルマーレ株式会社

コミックシーモアはサービス開始から15年以上経過しており、NTT西日本の子会社であるNTTソルマーレが運営しています。

レンタル料金はレンタと同水準で1冊110円〜となっています。

ジャンルは漫画に特化しており、作品数はレンタには劣りますが11万冊程度と十分な取り揃えです。

電子書籍のなかでは最もレンタル期間が長く、72時間借りることができますので、レンタの48時間が短いと感じる方は、シーモアレンタルがオススメです。

 

漫画サブスクという選択肢

ここまで漫画レンタルについて、「宅配レンタル」と「電子書籍レンタル」を深掘りして解説してきました。

「宅配レンタル」と「電子書籍レンタル」はともに便利なサービスですが、欠点もあります。

漫画宅配レンタルは読みたい漫画が貸出中になっていることが多かったり、電子書籍レンタルは人気漫画などがレンタル対象ではないことが多かったりします。

漫画サブスクサービスでは、月額料金(500円〜2000円)で読み放題サービスがあったり、ポイント還元で半額で購入できますので、レンタルに限らず漫画を安く読む方法を知りたいという方は下記記事や別の漫画サブスクに関する記事をご参照ください。

 

まとめ

本記事を振り返ります。

漫画をレンタルする方法【店舗、宅配、電子書籍】
宅配レンタルのメリット・デメリット
電子書籍レンタルメリット・デメリット
宅配レンタルおすすめサイト2
電子書籍レンタルおすすめサイト2
漫画サブスクという選択肢

本記事では、自宅に居ながら漫画をレンタルできる宅配レンタル、電子書籍レンタルについて、深掘りして解説しました。

「人気漫画を安く読みたい」

「ストレスなく簡単にレンタルしたい」

自宅で漫画レンタルできるといっても、レンタルに求める考え方によってどのサービスが合うかは変わってきます。

本記事では「宅配レンタル」と「電子書籍レンタル」のメリット・デメリットを解説するとともに、それぞれの主要サイトの強み弱みを紹介しています。

「人気漫画を読みたい」「長期間借りたい」のであれば宅配レンタルがおすすめですし、「手間なく簡単にレンタルしたい」のであれば電子書籍レンタルがおすすめです。

あなたに最も相応しい漫画レンタルサービスを見つける判断材料としてください。

本記事が少しでもお役立ちできれば幸いです╰(*´`*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました