漫画サブスクサイトを選ぶポイントを徹底解説【登録前に読んでほしい】

漫画のサブスクについて

漫画読み放題のサブスクでどのサイトが良いか分からない。漫画サブスクを選ぶために見るべきポイントを知りたい。という悩みを解決します。

漫画サブスクサイトは十人十色、「読み放題サービス」や「ポイント還元」「無料お試し期間」など様々なサービスを展開しています。

読み放題サービスを求めて月額登録したのに読み放題じゃなかったという方からの悲しみの声を聞くこともあります。

本記事では、漫画サブスクサイトを選ぶ際のポイントについて、見るべき視点を徹底的に解説いたします。

ご自身の視点と、本記事の視点を合わせて選ぶことで失敗するリスクを軽減できますので、参考にしてください。

漫画サブスクサービスとは

漫画サブスクサービスとは、月額料金を支払うことで漫画(コミック)等を無料で読むことができるサービスです。

現在、漫画サブスクサービスを展開するサイトは様々あります。

月額料金で漫画を読み放題できるサイトや、ポイントを利用して読めるサイト、対象作品を無料で読めるサイト、漫画以外の動画配信が視聴できるサイトなどがあります。

 

漫画サブスクサービスの主なメリット、デメリットは下記の通りです。・いつでもどこでも読める

◾️メリット
・通常価格より安く読める(読み放題できる)
・無料で読める
・違法ではなく合法で安全に読める
・本がかさばらない
・バレずに読める
◾️デメリット
・利用しなくても月額料金が発生する
・読み放題に読みたい対象作品がない
・スマホでは画面が小さく読みづらい

 

漫画サブスクサイトを選ぶポイント8選

漫画サブスクサイトを10社以上利用した私は、自分に合わないサイトに登録してしまい何度も失敗を重ねました。

その経験を踏まえ、漫画サブスクサイトを選ぶ際の指標として、様々な視点をご紹介します。

本記事の視点を見ながら、別記事の「漫画サブスク8社を徹底比較」を読んでいただくことで、良質なサイトに出会うことができます。

 

読み放題サービスの有無

読み放題サービスとは、月額料金を支払うことで期間内は対象の漫画が読み放題となるサービスです。

読み放題できる漫画サブスクは、動画が見放題できる「Netflix」や「Hulu」などをイメージすると分かりやすいです。

漫画サブスクサイトのなかには、月額でポイントを購入し、ポイントで漫画を手にいれるタイプもありますので、読み放題と間違えて登録してしまうリスクがあります。

読み放題サービスの場合は、必ず「読み放題」という文言が書かれていますので、事前に確認してください。

出典:ブックウォーカー読み放題

漫画を読み放題できる漫画サブスクサービスは下記4社です。

◾️コミックシーモア【読み放題できる作品数多い】
◾️BOOK☆WALKER(ブックウォーカー)【低価格で漫画ラノベ強い】
◾️kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)【幅広いジャンルが揃う】
◾️ブック放題の概要【漫画読み放題最安値】

 

お好みの漫画ジャンルが充実しているか

読みたい漫画のジャンルが充実しているかは重要指標となります。

漫画ジャンルでは「少年、少女、青年、女性、BL、TL」が主要ジャンルとなります。基本的にどのサブスクサイトでも主要ジャンルは取り扱っています。

そのなかでも、男性向けの漫画(少年、青年等)が充実しているサイトや、女性向けの漫画(少女、女性、BLTL等)が充実しているサイトなど分かれます。

漫画サブスクサイトに入ると、取り扱いのあるジャンルを確認することができますので、事前確認しましょう。

その際、お目当の漫画も読むことができるか、読み放題対象かなども合わせて確認しましょう。

 

漫画以外のジャンルが充実しているか

漫画以外のジャンルも楽しみたいという方は、漫画以外のコンテンツの充実度を確認するようにしましょう。

漫画サブスクと言いつつ、漫画のみに特化するサイトの方が少数となっています。

漫画以外のジャンルとしては「ラノベ」「小説」「雑誌」「ビジネス書」などの本、「アニメ」や「ドラマ」「映画」などの動画配信を扱うサイトもあります。

漫画とラノベが好きという方は、漫画・ラノベに強いブックウォーカーがオススメですし、漫画とアニメが好きという方は、アニメ見放題になるU-NEXTがオススメです。

漫画以外のジャンルも読みたいか、どのようなジャンルを読みたいかを整理したうえでサイトのジャンルを確認しましょう。

 

料金システム

料金システムは大きく分けると「月額料金(読み放題orポイント購入)」と「都度購入」に分かれます。

月額料金のなかでも、月額料金を支払うことで月内は対象漫画が読み放題になるサービスと、月額でポイントを購入するサービスがあります。

月額でポイントを購入するサービスは、高いポイントを購入するとポイント還元率が高くなるというメリットがあります。

以下、おすすめ漫画サブスクサイトの料金システム一覧です。

コミックシーモア ブックウォーカー ブック放題 まんが王国 kindle unlimited(キンドルアンリミテッド) U-NEXT(ユーネクスト) FODプレミアム ebookjapan(イーブックジャパン)
料金システム 月額:読み放題ライト780円
読み放題フル1480円
購入:都度払い
月額:漫画読み放題836円(漫画単行本は20,000冊以上、漫画雑誌も70誌読み放題)、文庫・ラノベ読み放題836円(ラノベ・小説10,000冊以上読み放題)
購入:都度払い
月額:550円読み放題サービスのみ 月額:330円〜
購入:1冊1円〜
月額:980円読み放題サービスのみ
※Amazon会員であることが条件
・月額プラン:2,189円
動画見放題、雑誌読み放題、毎月1200P付与
・月額プラン1490:1,639円
動画見放題、雑誌読み放題
・購入:都度払い
・月額プラン:976円
動画見放題、雑誌読み放題、毎月最大1300P付与
・購入:都度払い
購入:都度払い

自身が求める料金システムは「月額読み放題」か「都度購入」か、「安さ重視」か「安さよりコンテンツ重視」かを視点として選びましょう。

 

ポイント還元率

漫画サブスクサイトで漫画を購入する場合、基本的にポイント(ポイント=円)を購入し、ポイントを使って漫画を購入する仕組みとなっています。

サブスクサイトのなかにはポイント還元率50%と半額で漫画を購入できるサイトもあります。

本屋さんで漫画を購入する場合はポイント還元されることは少ないですが、WEB漫画で購入するメリットの1つと言えます。

ポイントを多く還元してくれるサイトは、貯まったポイントを使って新たに漫画を購入できるので、漫画サブスクサイトを選ぶうえでポイント還元率の高さは重要な指標となります。

ポイント還元率を見る際には「ポイント還元率」が高いか、ポイントの有効期限がいつまで使えるかを確認しましょう。

 

無料お試しキャンペーン

無料キャンペーンとは、月額無料で読み放題を利用できるキャンペーンです。

無料キャンペーンは必ず対象期間(概ね1ヶ月)があること、対象作品以外を読むと料金が発生することを注意しましょう。

無料お試しキャンペーンはちゃんと解約すればお金をかけずに漫画を読める優良なサービスなのでオススメです。

無料キャンペーンを実施しているサイトは複数あり、それらを賢く利用することで3ヶ月以上無料で読み放題を利用できる方法もありますので、下記記事をご参照ください。

 

付帯サービス

漫画サブスクサイトによって様々な便利機能がありますので、使いやすさを求める方は付帯サービスの充実度も確認しましょう。

「漫画本を本棚に並べてコレクションするのが好き」という方の望みを叶える本棚機能。

「BL・TL漫画を他の人に見られたくない」という方向けの非表示機能もあります。

主な便利機能は下記のとおりですので、気になる機能があればサイトでチェックしましょう。

◾️レビュー機能
◾️新刊自動購入機能
◾️本棚機能
◾️非表示機能(覗き見対策)
◾️ダウンロード機能

 

違法サイトではないか

私がご紹介する漫画サブスクサイトに違法サイトはありませんが、漫画を無料で読める違法サイトが存在しますので注意しましょう。

漫画違法サイトは「漫画バンク」や「漫画村」などはすでに閉鎖していますが、「漫画PLAY」「Fbay」などがあります。

漫画違法サイトのリスクは罰金(200万円)や懲役2年以下の罰則を受けるリスクや個人情報流出等の危険性があります。

政府からも「政府広報オンライン」で令和3年1月から改正された著作権法について厳しく言及されています。

 

まとめ

本記事を振り返ります。

◾️漫画サブスクサービスとは
◾️漫画サブスクサイト選ぶポイント8選
・読み放題サービスの有無
・お好みの漫画ジャンルが充実しているか
・漫画以外のジャンルが充実しているか
・料金システム
・ポイント還元率
・無料お試しキャンペーン
・付帯サービス
・違法サイトではないか

本記事では漫画サブスクサイトを選ぶ8つのポイントをご紹介しました。

自分なりの視点を持たずにサイト選びすると、登録後に「このサイトじゃなかった」と悔やむリスクがあります。

この8つのポイントのなかでご自身が重視する視点、どのようなジャンルを求めているかなどを整理しましょう。

そして、自分なりの視点を持ちながら、自分に合った漫画サブスクサイトを選んでください。

本記事が少しでもお役立ちできれば幸いです(ᵔᴥᵔ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました